犬車

車に乗るためのスロープで~す。
画像

海とキレ子はこれを駆け上がって乗車します。
画像

後部座席を取り外し、窓の高さに合わせて犬用の板を渡しました。
よって、うちの車は人間は前座席にしか座れず、2人用です
画像

スロープは最初脚立を使おうかと思っていたのですが、どうも階段の上り下りが嫌らしく、結果、お手製のスロープとなりました。
スロープは下に収納出来るし、他の荷物も下にたくさん収納出来ますよー。

車から降りる時、海母さんは車の淵を使って上手に降ります。
画像

しかし、キレ子は上手にできず、いつも抱っこして降ろしてあげます
画像

いつまでたっても、赤ちゃんねぇ

最近は風の強い日が多いです。
河津桜も、もう満開が過ぎ、黄緑色の奇麗な葉が出てきています。
画像

こんな小さなサイズの木も。
画像


ソラマメの花も咲き始めました。
画像

次ぎにくるのは、ウグイスの鳴き声でしょうか

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

2015年03月06日 19:13
スロープは手作りが一番ですね。
前のが18才くらいの時から玄関の段差にスロープを置くようになりました。押入れ用のスノコに人工芝を貼って滑り止めにしていました。
盲導犬ならぬ、盲導人をしてましたね、でもかわいかったですねぇ。
2015年03月15日 17:37
お手製の素敵なスロープ、大活躍ですね
キレ子ちゃんは抱っこなんですね~。
その甘えたさんぶりが可愛いですー

うちも晩年は(18歳くらいからかな)車の乗り降りは抱っこでした
シニアになると、日々の生活の中でも色々と注意しないとイケナイことが増えてきますね。
私達が先回りして、工夫してあげる事も大切ですよね。

若い頃からこの様なスロープに慣れさせておく事も重要だと思います
いろんなところで「慣れておくこと」が必要な場面が増えてきますものね。

うちはお風呂場への出入り口にセーフティプレート(車用)を敷いていました。
KAITOが自分でお風呂場に入ってまた出てきやすいように・・・
そして、ベランダへの出入りにも、このセーフティプレートを外側に置いて、出入りがスムーズにできるように、そしてベランダには人工芝を敷いて滑らないようにもしていました。

目も不自由になったので、よけいにつまずかない様にとの配慮はお家中にしていましたね。
テーブルの角が目に当たらないようにスポンジのテープを貼ったり・・・

↑コマダムさんが仰るよーに、盲導犬ならぬ私はKAITOの「盲導人」になろうと決意しました

海ちゃん・キレ子ちゃん達もいずれはやってくるであろうシニアの生活に備えて、いろんな準備を 備えあれば憂いなしで
キレ子のばぁちゃん
2015年04月03日 13:13
コマダムさん>
そうですか。やはり皆さん愛犬のために工夫して手作りしていらっしゃるんですねぇ。気温が上がってきて、ちょっとへばり気味のうちの犬達。今年の夏が肝心のようです。

SHIZUKAちゃんとKAITOくんのママさん>
キレ子は抱っこなんですが、先日、ぴょ~んと自分で飛び降りました。なーんだ降りられるんじゃーん、と思いましたが、いつコケルかわからないので、相変わらず抱っこしてます。
今は暖かくなってきて、お漏らしするので、トイレトレーにマットを敷いていますが、まだ利用の兆しはありません。KAITO君のお風呂場への出入りというのは何のための出入りなのでしょうか?